伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します

今週も日曜日ですので、経営者塾である盛和塾が発行している機関誌を読んでの感想文を転載します。
堅い内容となっておりますが、伊豆サニーステップがどんな考え方で仕事していきたいと思っているのか、少しは伝わると思います。
ただ、実務とのギャップはまだまだあります・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第36号
塾長理念:「宇宙の意志」と調和する心
塾長講話:「素晴らしい未来がある」と信じたとき人生はひらけていく

「宇宙の意志」と調和する心
「世の中の現象を見ると、宇宙における物質の生成、宇宙の誕生、そしてその進化の過程は偶然の産物ではなく、そこには必然性があると考えざるを得ません」
「この世には、すべてのものを進化発展させていく流れがあります。<中略>宇宙の流れと同調し、調和をするようなきれいな心で描く美しい思いをもつことによって、運命も明るくひらけていくのです」

「素晴らしい未来がある」と信じたとき人生はひらけていく
□試練は成長のための糧
「我々は、人生でいろんな試練に遭遇します。<中略>その試練とは、災難や不幸でありますが、私は成功さえも、実は試練だと考えています」
「あたら人生で成功を収め、お金持ちになって贅沢になり、また名声を得たばかりに慢心し、傲慢になり、人を人とも思わなくなってしまい、道を誤り奈落の底へと落ちていくこともあるのです。<中略>『もし、あの人が成功しなければ、もっといい人生を送っただろう』という話はいくらでもあります。また逆に、苦難に遭遇しても、それに打ち勝ち、素晴らしい人生を送るという例もいくらでもあります」
□素晴らしい幸運が待ち受けていることを信じる
「自分の人生を、明るく希望を燃やして、見つめなさい。きっと私の人生には、素晴らしい幸運が待ち受けていると信じ、それを少しも疑ってはなりません」
「人生とは、たったそれだけのことなのに、人々はそれを知らない。知らないがために、みんなが迷っています。ただ、それだけのことを信じて生きていけば、素晴らしい人生がひらけるのです」
□人生の結果=考え方×熱意×能力
「つまり、『能力』があまりなくても、強い『熱意』を持って努力した人の方が、頭が良いことに溺れ努力しない人よりは、はるかに大きな成果をあげることができるのです」
□六波羅蜜の教え
□災難、挫折に決してへこたれるな
「しかし、自分が今まで犯してきたことは、十分に反省しなければいけません。過ちは二度と繰り返さないという反省を糧に努力さえすれば、一般の人が漫然と過ごす人生より、結果としてはるかに素晴らしい人生を送る資格が皆さんにはあるのです」
「皆さんがそれを受け取られるのか、受け取られないのか、それは皆さんの今日からの心構え、皆さんの心の状態次第なのです」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 塾長講話には平成12年1月の東京・多摩少年院での講演がまとめてありました。塾長自身の挫折多い少年青年時代を重ね合わせながら、辛く暗い気持ちだったことを噛みしめながら話されているように感じられました。当時の感情を思い返すことで少年たちの境遇を理解するといった優しさを超えて、まるで少年たちと同化されながらの講演だったように思えました。経営の原点12ヶ条には「具体的な目標を立てる―立てた目標は常に社員と共有する」「思いやりの心で誠実に」とあります。塾長の実践されている「共有」や「思いやりの心」とはこれほどまでに深いものなのだと推測でき、感銘を受けました。
 塾長は暗い気持ちになったときこそ、前向きに明るく振る舞って生きていこうと自らを励まされて生きてきたと伝えられています。この時の講演を聞いた少年たちが現在、社会でどんな人生を送っているのだろうかと、想像してみたくなりました。そして私は塾長の教えを当時の少年たちが感じたであろう感動をもって、本当に素直に受け止め、実践しているのだろうかと自省させられました。塾長の言われることを単なる道徳話や良い話といったものにするのではなく、実践哲学として血肉化していかなければならないと強く感じました。塾長は人生の目的を、優しさ、思いやりといった美しい心を持った人になることであるとシンプルに教えられています。決して抽象的にではなく、自分の人生の歩み方としてしっかりと捉えていくことが、心を高めることなのだろうと理解しています。
 現在、ありがたいことに職場は活き活きと仕事をする雰囲気になっています。スタッフたちと話をしていても、仕事を単なる生活の糧を得るためのもの以上に意義づけて、ひとつひとつ真剣に創意工夫をしながら取り組むことにやりがいを得てくれているように感じています。どうしたらよりお客様のためになるのか、ということを根底にして仕事をしてくれるからこそ地道な努力を積み重ねてくれているのだと思っています。私はまだまだ自分の言葉ではなく、ただ盛和塾で学んだことをそのまま伝えているだけですが、それでも人生や仕事の目的といったことをそれぞれが今まで以上に考えてくれているのだと思います。また私より飲み込みが早く、深く考えていると驚かされることも正直あります。頼もしく感じるとともに、経営者としてもっと自らを磨いていかなければいけないと感じています。盛和塾で学んでいる世のため人のために仕事をするという姿勢を少しずつでも、これからも日々一緒になって仕事をしていくなかで伝えていきたいです。そしてやはり結果として掲げた目標を達成していくことで自分の言動に説得力を持たせ、スタッフやお客様や地域のためにという人生の過ごし方を自分自身のものにしていきたいです。
[PR]

by sunnystep | 2009-04-19 14:16 | サニーステップBlog
<< 盛和塾機関誌感想文を転載します 盛和塾機関誌感想文を転載します! >>