伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します

第37号

塾長講話[1]:人生の意義
塾長講話[2]:なぜアメーバ経営が必要か

人生の意義
□はじめに
□存在することに価値がある
「巨大な大宇宙から見れば、私という一個の肉体の存在は、ミクロで取るに足りない存在です。しかし宇宙にはエネルギー不変の法則というものがあって、一粒たりとも余分なものはないのです。どんな微細な物質であっても、それがあることによって宇宙の微妙なバランスがとれているのです」
□世のため人のために積極的に尽くす
「路傍の石ひとつにも存在価値があるのですが、私の人生もその石ころと同じ価値しかなのか。そうではないと私は思います。素晴らしい智恵を持ち、自分で物事を決めていく意志を持ち、素晴らしい精神活動を行うことができる人間には、その高度な能力をこの世に存在する他のものに対して行使し、少しでも善きことをしてあげる義務があると思うのです」
「『世のため人のため』といっても、何も大それたことを申し上げているわけではありません。せめて自分の周囲にいるご両親に対して親孝行をする、家族のために尽くす、または友人を助けてあげる、または町内会や福祉施設で奉仕活動をする、そういう慎ましく、ささやかなものでも結構なのです」
□人生は魂を磨きあげるための場
「立派な音楽をつくった人、立派な小説を書いた人、立派な詩をつくった人、立派な建築をした人、たしかに作品は後世に残るかもしれません。けれども、その人は音楽を持って死んでいけるわけでもありませんし、小説を持って死んでいけるわけでもありません。その小説を書くときに、音楽を作曲するときに、<中略>その人の魂がどういうふうになって、死を迎え、新しい旅立ちをしていくのか、それが人生の意義ではないかと私は考えるわけです」
□苦難も試練、成功も試練
「いわゆる、俗っぽい立身出世も必要なのかもしれません。しかしそういうプロセスの人生を生き抜きながらも、そのなかで魂を浄め、心を磨いていかなければならないわけです。決して自分の心、魂を磨滅させ、疲弊させ、みすぼらしく薄汚れた、汚いものにしていってはならないのです」
□謙虚、反省、誠実、努力の日々に成功の道が開ける
「心を高めて、真面目に努力を続ける。そして、成功を収めても傲慢にならず、謙虚さを忘れず、誠実に一生懸命努力を続けていく。そういう人には素晴らしい結果が訪れてきます。もちろん、成功をもたらす要素にはその人の能力もあるでしょうが、決して能力だけではありません。その生きる姿勢と努力に対して自然が成功するよう仕向けてくれるのです」
□心を高め続ける経営の道は六波羅蜜に通ずる
□理念を高め、人間性を高め続ける「盛和塾」
「この盛和塾という場が、みんなが相集い、ともすれば堕落してしまいそうな自分を互いに励ましあい、より良い人間性に自分を導いていくことができるような場でありたいと思います」

なぜアメーバ経営が必要か
□はじめに
□Ⅰ アメーバ経営の目的
「アメーバ経営の目的とは何か、それは大きく分けて三つあります。すなわち、1.マーケットに直結した部門別採算制度の確立 2.経営者意識を持つ人材の育成 3.経営理念をベースとした全員参加経営の実現です」
□Ⅱ アメーバ経営の要諦
「アメーバ経営では、組織をどう区切ってアメーバを作るかということが、成功の鍵となります。その際のポイントは三点あります。最初にそれを申し上げますと、一つめは『その部門の収入と経費がはっきりし、独立採算制がとれる単位であること』、二つめは『事業として完結していること』、三つめは『会社として本来の目的を遂行できること』、この三点です」
「アメーバ経営の二番目の要諦は『アメーバ間の値決め』です。<中略>その理由は、アメーバ間の売値というものは、客観的な値段ではないからです。お客様に売る最終的な価格はあるのですが、工程間の売買価格がいくらであるべきだという客観的な基準はありません」
□Ⅲ アメーバ経営におけるリーダーの姿
「本来各部門は自分を守り、発展させようというエゴを追求するとともに、会社トータルとしての利益を最大限にするために全力を尽くさなければなりません。そこで、葛藤が起こるわけです。それを解決するには、個のエゴを追求しながらも、立場の違いを超えて、さらに高次元の判断ができるようなフィロソフィが必要となってきます」
□Ⅳ アメーバ経営が実現するもの
□Ⅴ グローバル化を迎えた二十一世紀こそ
「自らが参画し、自らが経営していく喜びを感じられる経営、一人ひとりの朗像の価値を尊重する経営、それこそがアメーバ経営なのです」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 塾長講話によるアメーバ経営の解説に基づいて当事業所を考えてみると、京セラでの1単位が当事業所そのものに当てはまります。よって塾長が解説されたアメーバ経営の3つの目的は、当事業所の組織としての目的と置き換えることができると考えました。現在の私は盛和塾での学びを通して、当事業所の組織を京セラのアメーバ組織のように変えていこうとしているのだと確認することができました。そしてアメーバ経営は単なる管理システムではなく、人の心を大切にする経営システムであり、フィロソフィが不可欠であることが一段深く理解することができました。当事業所でも「信じ合える仲間の幸福のために貢献できてこそ、自分たちの部門の存在価値があるのだ」という崇高なフィロソフィを、職場全体に根付かせていくことが最も重要なことであることが分かりました。
 また京セラで言うところのアメーバ組織のリーダーを、当事業所に当てはめると経営者である私がリーダーに当たります。塾長はリーダーの姿として、人間としての普遍的な価値観である「人として何が正しいのか」ということを判断基準とした人間性を備えていなければならないと説明されています。つまり、会社をアメーバ組織として細分化することにより、会社内のそれぞれのアメーバである個の利益と、会社全体の利益の間に葛藤があっても、リーダーが正しい価値観に基づいて判断していくことで、個の利益と同時に全体の利益を最大限に追求することができると教えられています。当事業所の場合、個と全体とは、スタッフ一人一人と事業所であり、更には事業所と社会一般とも捉える事が出来るのではないかと考えました。いずれにしても自らを守ろうとする「利己」の結果、葛藤が生まれるのであることをしっかり胸に刻んでいきたいです。そして「公平、公正、正義、勇気、誠実、忍耐、努力、親切、思いやり、謙虚、博愛」という価値観に裏打ちされた思想を備えていかれるように強く思っていきたいです。
 塾長は盛和塾を設立したとき、「これまでの私の人生は、経営を通じて理念を高め続ける日々でした。これからも、理念を高め続ける毎日でありたい」と言われています。また試練の受け止め方によって魂が磨かれる場合もあれば、誤って魂が磨滅していくようなこともあると話されています。後ろ向きに試練に対処する人の人生は、まさに悲惨なものになっていき、さらにその悲惨な人生が、魂をすり減らし、疲弊させていく、そしてやがては、痩せ衰えた貧相な魂のまま死を迎えることになるのだろうと、戒められています。だからこそ自然界から見た場合は苦難であっても成功であってもどちらもが試練なのだと認識することが必要なのだと思います。会社がうまくいこうと苦しい局面にあろうとも、それは魂を磨くために自然界が与えてくれた試練であると受け取り、常に謙虚で反省のある人生を過ごしていこうとすることにより、人生をより意義あるものにしていこうという姿勢を、リーダーが職場で示していくことこそが、組織に崇高な理念を根付かせる唯一の方法なのだと感じています。
[PR]

by sunnystep | 2009-04-26 19:24 | サニーステップBlog
<< 夏のご予約受付開始致しました! 盛和塾機関誌感想文を転載します >>