伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します

毎週日曜日には経営者塾である盛和塾が発行している機関誌を読んでの感想文を転載しています。
しばらく感想文の転載を怠ってしまっていましたので今日は先週分を転載します。
コツコツと書いてきたものでもうすぐ50号を迎え1年間続けられたことになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第44号

塾長理念:もうダメだというときが仕事の始まり
塾長講話:リーダーのあり方について

もうダメだというときが仕事の始まり
「ものごとを成し遂げていくもとは、才能や能力というより、その人のもっている熱意や情熱、さらには執念です」
「強い熱意や情熱があれば、寝ても覚めても四六時中そのことを考え続けることができます。それによって、願望は潜在意識へ浸透していき、自分でも気づかないうちに、その願望を実現する方向へと身体が動いていって、成功へと導かれるのです」

リーダーのあり方について
□はじめに
□リーダーシップの重要性
「人格はつくられると同時に、時とともに変化していきます。であれば、変わらないような強固な人格を形成したリーダーを選ばなければならない。もし、権力の座に着いた途端に傲慢に陥るようなリーダーを選んだのでは、その集団はたいへん不幸な目に遭うというような話をしました」
「一人のリーダーによってベンチャー企業が起こり、またその一人のために大企業でさえ滅びていく様を、皆さんはつぶさに見ておられるのではないかと思います」
□リーダーはいかにあるべきか
「リーダーは人格で決まると言われ、私も同感なのですが、<中略>リーダーが組織を引っ張っていくときには、卓越した戦略や戦術の構築が不可欠です」
「見識とは単なる知識ではありません。<中略>『こうでなければならない、こうありたい』という確固たる信念にまで知識が高まっていなければならないということを、安岡さんは『見識』と説かれたのです」
「組織を引っ張っていくには統率力を欠かすことはできません。組織を率いていくには、勇気や豪気といった資質がどうしても必要になってきます。また決断力、実行力といったものも統率力をもたらすものとして備わっていなければなりません」
「見識に胆力が加わったもの、つまり『胆識』をリーダーは身につけるよう努力すべきなのです」
「そのうえでリーダーが集団を引っ張っていくためには、さらにビジョン、目標を掲げることが必要です」
「『その目標を達成していけば、どういうことなるのか』ということを考えることも必要です。<中略>そういう根本的は問題にまで達するような、高い使命感を謳いあげる必要があるのです。つまり、高いビジョンやミッションをモチベーションにして、部下を導いていく必要があると私は考えます」
□リーダーが持つべき「考え方」
「どういう人生観を持つのか、どんな哲学、思想を持つのか、それはまさに個人の自由です。しかし自由である以上、自分が抱いた人生観、哲学がもたらしてくれる人生の結果は、自分で受け止めなければなりません。」
「その人生観が良いか悪いかは、誰にも教わってはいないし、誰も深くは考えていません。にもかかわらず、自分の人生観がもたらしてくれる結果だけを、我々は甘受して一生を終わるのです。このことから、私はどんな考え方、どんな哲学を持つべきかということを、若いときに学ぶ必要があると強く思うのです」
「どこへ行きたいのか、それによってプロセスである『考え方』が決まるのであって、目指すところが違う者同士が、正しいとか、正しくないとか、それはおかしいとか、おかしくないとか議論できるものではない」
「世界でナンバーワンの会社をつくっていこうとすれば、それはおもしろおかしいというような考え方では不可能なのです。辛酸をなめ、苦難の道を歩くというような生き方、生き様がどうしても必要だったのです」
「人間はどんな考え方をしようと、その結果を自分自身で負う限り、それは自由です。しかし、我々のような企業経営者の場合、その結果は自分ひとりだけで済むわけではありません。企業が倒産すれば、社会にも従業員にも累が及ぶわけです」
「部長でも、課長でも、組織の長たる者の考え方は自由でいいというわけではありません。集団を幸せにするためには、素晴らしい考え方を持たなければならない、そういうことを我々は深く理解する必要があります」
□心を高め続ける
「学問で人間性を高めていく方法もあるのかもしれませんが、精進、つまり働くことで人格を高める方が、より堅固な人格をつくることができるはずです。また、会社で給料をもらって働くということは、生活の糧を得ながら人間性を高めていくことであり、人生にとって最高の道場ではないかと思います」
「今、証券業界を含む金融の世界は、国境を越えた経営が求められています。そのようなグローバルな経営を目指していこうとするならば、企業の持つ哲学は、人種を越え、文化を越え、言葉の壁を越えて、等しく共有できるような普遍的なものでなければならないはずです」
======================================
 あと二週間ほどで上半期が経ちますが、当事業所では昨年比でみれば業績はほぼ横ばいという結果になりそうです。ただ、年始に掲げた目標からは一割以上も低く、このままではまずいという雰囲気が職場に漂っています。時間に余裕ができた分、今までやれなかった仕事をしていこうとスタッフたちは頑張ってくれていますが、「次月こそ挽回しよう」という私の掛け声は、目標の不達成が続くなかで段々と迫力を欠いてしまってきております。また私の感じている焦りや不安が職場にも伝わってしまっているようにも思います。今更ながら「悲観的に計画する」ことを怠ってしまったと感じています。そして「楽観的に行動する」ことができていないと感じています。
塾長理念では「もうダメだ、というときが本当の仕事のはじまりなのです」と教えられています。本当の仕事とは自分が今までつくってきた限界を超えたところにあるのだと私は捉えました。本当の仕事とは燃えるような熱意、情熱をもって最後まで諦めずに粘り抜くことでしか成し遂げられない仕事なのだと説明されているのだと思いました。私は、今こそ本当の仕事の始まりなのだと、自分に言い聞かせ、職場を鼓舞しなければならないのだと気付かされました。新たなサービスや営業等について具体的な方向性を示しながらも、経営者として実践できていない自分がいました。弱気になってしまう、惰性に流されてしまいそうなときには「すっぽんのように食らいついたら離れない執念」という言葉を思い返して行動していきたいです。
塾長講話ではリーダーの資質として第三等に聡明才弁(聡明で弁が立つ)、第二等に磊落豪雄(集団を率いる勇気がある)と挙げられています。リーダーの資質としては二番目、三番目の順番のものですが、現状を打開できないでいる自分には欠如している資質ではないかとばかり考えてしまっていました。本来であれば、思うようにいかないときこそ第一等の資質として挙げられている深沈重厚(考え深く、人間が重厚にできていて決して浮わついていない)を身に付けていかなければならないのだと思います。歯をくいしばって地道な努力を続けていくしかないのだと、頭では理解していても目先のことに囚われてしまっていました。塾長は人間が働くのは生活のためのではなく、人格を磨くことにあると教えられています。今一度この言葉を胸に刻み、「利益を追求すること」ではなく「人間として何が正しいのか」を経営の判断基準にして、結果に一喜一憂することなく努力を積み重ねていきたいと思っています。
 また、「考え方」とはどこを目指すかによって変わってくるとも話されています。盛和塾に入塾するまでは、小さな規模であってもおもしろおかしく経営をしていければ良いのではないかと考えていました。けれども今は小さな規模ではあっても、「スタッフ全員の給与・休日・働き甲斐の充実を求めると同時に地域に貢献していく」ことを目指しています。そのために「考え方」も心を高めて経営を伸ばしていくという考えに変えていかなければならないと思っています。まだまだ利己的で安直な行動をとってしまう甘い自分がいますが、反省する気持ち、感謝する気持ちを忘れずに自らを律していきたいと思っています。そして先日開催された塾長例会等に今後も積極的に参加していくことで、塾生と出会い、志ある生き様を学んでいきたいです。
[PR]

by sunnystep | 2009-06-21 06:26 | サニーステップBlog
<< アルバイトを募集しています! テレビラックを作っていました! >>