伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します。

第67号

塾長講話:西郷南洲が教える経営者のあり方

 経営のトップに立つ者とは、従業員並びにお客様から信頼と尊敬を得られるだけの人間性を持たなければならないと塾長講話では教えられています。経営者がお客様から尊敬されるような素晴らしい人間性を持っていれば、ただ信用があるという以上にビジネスがしやすくなり、同時に従業員からも尊敬を得られるような人間性を身につけていれば、リーダーシップを発揮しやすくなると説明されています。塾長は、周囲の人たちから信頼と尊敬を得るような人間性をつくるためには、哲学を持つことが大事であると強調されています。また哲学を難しいものと考えるのではなく、「誠実な人間であるか」「正直な人間であるか」「公平無私な人間であるか」といった、人として持つべき基本的な倫理観として捉えなさいと教えられています。けれども基本的な倫理観を日常生活のなかで、常に実践することが大変難しいとも話され、だからこそ「そうありたい」と思い、反省をして、常日頃、基本的であっても素晴らしい倫理観に基づいた行動ができるような人間に一歩でも近づいていく努力をしていかなければならないと教えられています。
 塾長は、素晴らしい人間性から生まれる経営者としての判断を『西郷南洲翁遺訓』を通して説明されています。そのなかでも私は「ほんとうの機会というのは道理をつくして(国や世の中のことを憂える真心を厚くして)行い、時の勢いをよく見きわめて動くという場合のことだ」という言葉が印象的でした。何とかうまくいく方法はないかと考えがちな私を、世のため人のために仕事をしていなければチャンスを活かすことはできないと戒めているように感じました。真のチャンスとは偶然に訪れるものではないと心得て、単にときの弾みだけで乗り出すことのないよう、人間性を高めていきたいと思いました。
 また経営者の健気に努力し苦労している姿をみて、社員たちが気の毒に思うようでなければ、会社経営をうまく進めていくことは難しいだろう、という遺訓も深く心に残りました。塾長は、実際の仕事で社員たちの信頼を獲得し、リーダーシップを確立するには理屈ではないと解説されています。率先垂範で経営にあたるさいの指針にしていきたいと思いました。
 「人の志というものは幾度も幾度もつらいことや苦しいめに遭ってのち、はじめて固く定まるものである」という遺訓もとても深い言葉だと感じました。西郷南洲が受けたような命に関わるほどの辛酸や屈辱には遠く及びませんが、私も困難に直面したときには、自分の志が固まっていく時期なのだと少しでも捉えられるようになっていきたいと思いました。そのためには、自分の損得や都合で物事を考えず、心を常に公平に保てるよう、「些とも私を挟みては済まぬもの也」と反省する習慣を身に付けていきたいです。
[PR]

by sunnystep | 2010-03-17 11:39 | サニーステップBlog
<< 龍馬コイン販売のお知らせ 盛和塾機関誌感想文を転載します >>