伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します!

先日書きましたが、わたしは盛和塾に入塾しています。
その中で機関誌が発刊されており、それを一週間に1冊のペースで読み、感想を述べ合う経営者同士の勉強会がこれから開かれます。
今日はその第一回目です。


そこで、私の感想文をブログでも載せることにします。
とても恥ずかしいのですが、自分自身にタガをはめていくつもりでもこれから毎週日曜日は、私が学んだことを載せていきたいと考えています。

以下、硬い文章になります、どうぞご了承くださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第1号

塾長理念:無私の心が人を動かす
創刊号テーマ:物事を始めるということ


無私の心が人を動かす
「人を動かす原動力は、ただ一つ公平無私ということです」
「リーダーはまず自らの立つべき位置を明確にすべきです。そして、私利私欲から脱却した、自分の集団のために、という大義に自らの座標軸を置くべきです」

物事を始めるということ
□勢いと動機づけ
「そこに集う人たちの心の中に《よしやろう》という燃え上がるものを植えつけるのが大事ということです」
「そこに馳せ参じた連中が心底信じられる、納得できる動機づけもしくは意義づけがいります」
□見えてくるまで考え抜く
□既成概念にとらわれない
「行革審や盛和塾の場合は、虚心担懐、無色というか、先入観または既成概念を持たない。すると人の知恵によって助けられ、文殊の知恵によって助けられ、取捨選択をしていけばいい。それはゴールがなく常に進歩、プロセス自身が進歩ということです。」


「しかし、知識としての哲学が己の魂の中に入るためには生来持っていたものとの間で激しい自己葛藤が起こる。それに打ち克ったときに人格が新しく変わることができる(cf-p66)」

-------------------------------------------------------------------

わたしは自らの立つべき位置をスタッフに対して明確にしなければと気持ちを新たにしています。
そのためには事業目的を明確にしていこうと決意いたしました。

ただ現状は、日ごろの雰囲気は良いのですが、事業目的などの堅くて熱い話はまだなかなか切り出せないでいます。
まずはスタッフに事業目的を話していけるような雰囲気をつくっていきたいと考えております。

自らが率先して明るく前向きに仕事をしていくこと、そしてスタッフと風通しの良い信頼関係を築いていくことを通して、これからは大義名分の高い事業目的をスタッフと議論し共有することを図って参ります。

これから機関誌マラソンが一巡するまでを目処に、事業目的を明確にすることを私の目標とします。


ではどうすれば自らが率先して明るく前向きに仕事をしていくことができるのか、スタッフと風通しの良い信頼関係を築いていくことができるのか。

それは、私自身がこのようにしたいと強く願えばよい、と塾長は教えてくれています。

ではどうすれば、強く願うことができるのか。

今日は8月16日で、11日から考え始め5日間もこの問いの答えを求めて悶悶としていました。
そんな中、先ほどスタッフを一緒に賄いの昼食をとっているとき、「私が経営者という立場にいるのだから、どうすれば、ではなくしなければならないのだ」とふと見方が変わりました。共に働くスタッフの責任を負う立場である限り、この自己葛藤に打ち克たなければならないのだと、妙に腑に落ちました。
まだまだ常に強い願望を持ち続けようとしても挫けてしまう己がいます。自分が経営者であることを自覚しなければ、と想ってしまうことがあります。
けれども自覚するとかしないとかではなく、わたしが経営者であることは事実なのです。その事実が私に「無私の心」を起こさせ、スタッフと一緒に汗を流して一瞬一瞬を「物事を始める」という意識で仕事をさせる原動力であると納得しています。
[PR]

by sunnystep | 2008-08-17 19:13 | サニーステップBlog
<< ご宿泊誠にありがとうございます! 朝顔の花が咲いています! >>