伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛和塾機関誌感想文を転載します

今週も盛和塾機関誌感想文を転載致します。
伊豆 サニーステップの経営についてこ考察になっております。
ご興味のある方は覗いてみてください。

今日は伊豆情報はお休みです、ご了承くださいませ。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
第9号

塾長理念:現状を改革し、創造する
塾長講話:経営の原点11カ条

現状を改革し、創造する
「クリエイティブな何ものかを常に集団に導入していかなければ、その集団の継続した進歩、発展は望めないからです」
「創造的な心とは、持続した強い願望、それがもたらすあくなき追求心のことをいうのです」

経営の原点11カ条
1事業の目的を明確にする
2具体的な目標を立て、その成就を強烈に思い続ける
3誰にも負けない努力をする
4売り上げを最大限に、経費を最小限に
5値決めは経営の基本なり
6経営は経営者の意思力で決まる
7経営には厳しい闘魂がなければならない
8思いやりの心で誠実に
9常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で
10勇気をもって事に当たる
11常に創造的な仕事をする

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

塾長講話に、闘争心と強い意志力で経営をしていくうえでどうかすると悲壮感を周辺に漂わせてしまうことがありますがそれではいけません、とあります。最近の私はまさにこのような状態でした。私は「常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で」と自分に言い聞かせながら、気持ちを切り替えていこうとしていましたが、思うようにはいかず、実践するのはなかなか難しいと感じておりました。
私は盛和塾を通じて自分の努力不足を痛感し、それを打開すべく真剣に仕事に打ち込んでいこうと決意しておりますが、それでも塾長を始め塾生の皆さんには遠く及ばないと焦っておりました。
そのあとの文章に、すべてのものを肯定し受け入れる姿勢がなければ経営者にはなれません、とあります。これは反省する姿勢と言い換えられると私は考えました。そして今まで反省とは言いながら果たして事実を受け入れることから始めていたかと、自問致しました。すると、不甲斐なかった自分を反省するとしながら、それを変革することばかりに気を取られていたのかもしれないと思い当りました。だから焦る気持ちが湧いていたのかもしれません。本当の反省とは改めていくためにまずすべてを受け止めることだったと気が付きました。
私は自分の未熟さを受け入れようと思います。
慌てたところで仕事の効率がよくなるわけではないですし、皆さんに追いつけるはずもないと漸くわかったような気がします。
そう考えた時、私は肩の力がふっと抜けたように感じました。
そして、社員を引っ張っていくためには経営者は明るく前向きでなければなりませんが、それ以上に自分自身が必死に仕事をするために、楽観的であることが必要であると納得できるようになりました。そもそも私は楽観的な性格ゆえにあまり努力をしてこなかったのですが、これからは一生懸命に仕事に取り組むその原動力にこの性格を活かして参ります。

塾長理念には、創造とは思いつきやアイディアから得られるものではなく、考え抜くという苦しみの中から生まれるとあります。私はスタッフに、よりよいサービスを提供していくためにどんどんアイディアを出して、それを形にする創造的な仕事をしよう、と呼びかけております。ただ経営者である私はその発展を求めていくためという、より根本的な観点から、何を導入していけばよいのかをさらに深く考え続ける中で創造的な仕事をしていかなければならないと教えられました。まだまだ浅学非才の身ではありますがその苦しみに向き合っていく所存です。
[PR]

by sunnystep | 2008-10-12 18:05 | サニーステップBlog
<< 秋のウォーキングを楽しみませんか? 今月は"改善月間&q... >>