伊豆あれこれ 露天付きペンション サニーステップ ブログ


伊豆 白浜 露天付きペンション ウェルカム・イン サニーステップのblog +その親父のブログ
by sunnystep
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
サニーステップのページへ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


老人の戯言 2012.10.30

スーパーへの買い物はよく出掛ける。
時々出会うのはその昔(7~8年前)
よく通った飲食店のオヤジ、オカミさんたちである。

「最近行かなくてごめんなさい」
と謝る事から会話が始まるのだが
本当に行かなくなってしまった。
皆さんが「いいよ、いいよ」と笑いながら
雑談に応じてくれる。

なぜ行かなくなったというと、一人前が
とても食べられなくなってしまったからである。
要するに胃袋が小さくなってしまった。
そのことを付け加えると相手は
「ハハハ」と笑い、「もうそんな歳に
なったんだよ」と返ってくる。

あの頃は自宅での夕食後2時間くらい経つと
「何か食べに行こう」と家族を誘ったものである。
家内も喜んでついて来た。

その家内も今は少し太り気味を気にして
夕食はご飯を抜き、私はお茶碗に3分の一
程度でもう満腹。

外食をしなくなったのは小食になってきたからだが、
それに加えて家内の作るごはんも非常においしい
のである。
私の味覚が家内に仕付けられたのか、
或いは女房の腕前が上がったのか。
恐らく後者であろう。

最近調味料が少し変わってきているようで
毎日の夕食が非常に美味い。

私は毎食「あ~おいしい」と口に出す
ことにしているが、これは家内へのお礼、
感謝の気持ちを表現したいと思っているから。
そして私の六根のうちの「舌」の精進も意味している。
[PR]

by sunnystep | 2012-10-30 14:52 | 親父のBlog

老人の戯言 2012.10.12

私を連れて行ってくれた彼は近所に住んでいた。
その彼が去年の暮れ突然亡くなった。

中学を卒業してすぐに自動車修理工として
町工場に勤めた。今では下田で一番大きな
修理工場になり、30人近くの会社となり、
彼はそこのナンバー2になっていた。

修理、車検だけでなく販売や保険もある。
彼は外交営業担当であり、席の温まる暇もなく
飛び歩いていた。それまで培ってきた車に対する
技術、知識に基づき、さらには人柄の良さが加わ
って営業担当となっていった。

そんな彼が私宅へ来たときそっと話した。
「俺、もしかしたらそのうち人工透析をするように
なるかもしれない。そしたら会社も辞めなきゃ
ならなくなる。」

昨年夏、彼を見掛けなくなったので奥さんに訊いたら
「今修善寺の大学病院に入っているの。」
11月頃また訊ねたら「3ヶ月入院してるけど、ここまま
入院してても仕様がないので、地元の病院に行きなさい
と先生から云われた。」

11月中旬彼宅に人が出入しているのでもしやと
思い私も訪ねた。彼は頭を右にしてベッドに横たわり、
力なく左手を差し出してきたので、私も左手で握手した。

「俺動けないんだよ」と言いながらも、もそもそして
なんとかベッドの上に起き上がって右手を差し出したので
私も右手とそして左手も添えて固く握手しなおした。
「頑張れよ」としか云えなかった。

病床待ちで2日ほど家に居て再入院した。
その後2週間ほどした12月に彼は亡くなった。

詳しい病名はわからないが内蔵がみなだめに
なってしまい手の打ちようがなくなっていたようだ。
寿命だったのだと私は思っている。
「死は一定」と仏教では説いていて、仏教信徒の
私は彼の成仏を願って塔婆供養をしてお経を
唱えるのみである。

今では蛸取りもタテ貝採りも遠い過去となったが、
人生にとって貴い経験であった。
[PR]

by sunnystep | 2012-10-12 08:25 | 親父のBlog

老人の戯言 2012.10.10

蛸の大きさは30センチ前後だったが、
タテ貝の大きさは大人の小指程度。

2枚貝で割れ易い岩の中に住む。
成長するにつけ岩を溶かし徐々に
奥へと潜っていきながら大きくなる。

大体が10数個の群れをなしている。
えさは海草の海苔だから日当たりの
良いところで群れるのだろう。

夏前だったか彼から誘いを受けて
海パン姿で金槌と小バケツを持って
出かけた。

「貝の穴を探して岩をハンマーで
削っていく。そして穴から引っこ
抜くんだ。」

穴の直径は3ミリ程度、そこから
2~3ミリの貝の舌が口を開いて
出ているが、それが7~8センチ
程度の間隔で10数個。それで
ハンマーとなるが、穴を見つけ
るのに四苦八苦。

それでも慣れてくるにつれ段々
見つけられるようになり、小一
時間で両手にこんもり程度採れ
た。さぞかし私は採っただろうと
彼を見たら私の3倍程度だった。

「みんな持って行きな」で別れた
のだが、そのとき彼は
「絶対一人でやったらだめだよ。
俺と必ず一緒。岩を割るので禁
止されているのだよ。俺は地元
だから『俺だよー』で済むけど
あんた一人だったら訴えられて
大変になるからさ。」

ゆでてそのままも良し、味噌汁
にもダシが出て良し。とにかく
非常にうまかった。地元以外
食べられないのではないか。
20年以上前NHKでタテ貝なる
ものを放映していた。多分山口
県だったと思うが、市場に出る
にしてもほんの一部の高級料
亭出しか食べられなかったと
記憶している。
(続く)
[PR]

by sunnystep | 2012-10-10 10:06 | 親父のBlog